学校で自分を出せない子供でも学童保育なら自分を出せることもある

学校で自分を出せない子供でも学童保育なら自分を出せることもある

学童保育では学校のクラスとは違う仲間と遊び、ともに過ごすことになります。クラスとはまったく異なる環境は、子供にとって好ましい影響を与えることも多いでしょう。学校ではいつも自分を出せずに殻に閉じこもってしまう子供も、学童保育の友達と一緒にいれば本当の自分を出して楽しく遊ぶことができます。毎日の放課後や長期休暇中など友達同士で一緒に過ごす時間が長いため、よりいっそう親密な関係を築くことができるのも特徴です。また、学童保育では年齢の違う子供が交流する機会も多く用意されています。長く一緒に遊ぶうちに兄弟姉妹のような関係になったり、年上の子供に面倒を見てもらったりと社会性を見につけることができます。周囲がすべて同学年の生徒ばかりの環境では遠慮してしまう、友達に押されていつもは自分の意思をはっきりと伝えることができないといった場合にも、複数の学年が集まる学童保育が良い影響を与える可能性があるでしょう。

季節の楽しいイベントが開催される学童保育

学童保育では預かったお子様に楽しい時間を過ごしながら季節感を感じてもらうために、様々なイベントが開催されることがあります。本来ならば自宅で楽しめれば一番ですが、お仕事で忙しい両親の場合はそうも行きません。そんな時でも学童保育で体験することができれば、お子様の情操教育にも役立ちます。ひな祭りにはひな人形を、子供の日には鯉のぼりを飾り、節分には豆まきが行われます。お月見の日には月見団子を食べて、夏には縁日を模したセットで金魚すくいなどを楽しめる場合もあります。秋には落ち葉拾いをして植物に触れ、クリスマスにはケーキを食べたりサンタクロースからプレゼントがもらえることもあります。学童保育ではお子様にこれらの体験をすることで、他の家庭のお子様と同様の日常を過ごしてもらうことを目指しています。この年代にこれらのイベントを体験すれば素敵な思い出作りになり、お仕事が忙しくて親御さんと一緒に過ごせなくても寂しくありません。