おやつを出してくれる学童保育は人気

おやつを出してくれる学童保育は人気

学童保育が提供するおやつサービスは、子供たちにとって嬉しいサービスの一つです。子供がおやつが好きなことはいつの時代も変わらないわけで、食べることで楽しく会話するなど、コミュニケーションの輪も広がります。人気は何かという点においては、子供個々の好みによって分かれますが、定番のものから最近流行りのものまでが学童保育で提供されています。例としましては、バナナやリンゴなどのフルーツ、クラッカーやポテトチップスなどのお菓子、サンドイッチやピザなどの軽食、ジュースや牛乳などの飲み物といった感じでしょうか。 ちなみに提供する時間ですが、夕食を配慮して遅めの時間に与えないような配慮もなされています。 ただ、提供する側が注意しなければならない点もあります。例えば、アレルギーを持つ子供がいる場合などには与える側の配慮も必要になります。また、寮についても適量がベターで、過剰に摂取することは健康に悪影響を与えることも認識しておかねばならないでしょう。

子供にお留守番をさせるよりは学童保育のほうが安全です

小学生の子供だけを家でお留守番させておくのは気が引ける、でも仕事の都合で親や保護者が家に居ない時間が長い、そんなジレンマを抱えている家庭は少なくないでしょう。特に昨今では共働きの家庭が増えていることから、どうしても子供を家に置いておく時間が増えている家庭が増加傾向にあります。 そんなお子さんの安全を気にしている親御さんにとって便利なのが学童保育です。放課後から親が家に帰ってくるまでの数時間を、専門の保育士の元で預かってもらえるといったサービスになっています。何も一人親世帯や共働き家庭だけでなく、普段母親や祖父母などが家に居る家庭の子供であっても、必要に応じて利用できるというのが魅力です。小学生版の保育園のような所だと想像しておけば分かりやすいでしょう。 学童保育なら確実に大人の目が届く範囲で子供を遊ばせておけるため、万が一遊んでいた子供が怪我をしてしまったような場面でも、適切に対処をしてくれます。一人でお留守番をさせておくのよりは、圧倒的に安全だと言えるのです。